用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ゾンビウイルス

概要

 ゾンビウイルスとは、ウイルス対策ソフトなどで駆除された後でも、コンピューター上で不正な通信を継続して発生させるウイルスを指す。過去のウイルスでは、コンピューター上のプログラムやファイルを不正に書き換え、コンピューターを操作不能に陥れたりすることで、コンピューターに直接被害をもたらすものが一般的であった。ゾンビウイルスの場合、インターネットにアクセスする際の設定を不正に変更し、コンピューターの利用者が意図しない操作を行わせることが目的にある。さらにゾンビウイルスが駆除された後でも、ウイルスによって変更された設定は、利用者に気付かれにくいような状態で残され、攻撃者の意図した操作を利用者に行わせる。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close