用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

WPS/Wi-Fi Protected Setup

概要

WPSとは、パソコンをネットワークに接続するとき、ケーブル接続でなく無線通信を使用してルーターに接続する際に用いられる暗号化通信の規格である。無線LANとWi-Fiはそれぞれ別のものと誤解されていることが多いが同じものである。無線LANルーター(Wi-Fiルーター)は、無断で接続できないように暗号化によるセキュティ対策が施されている。
 WPSが制定されるまでは、無線LANや暗号化通信の設定を行うことが初心者には難しいことであったが、WPSに準拠した機器同士であれば容易に接続設定できるようになった。

種類

 WPS方式は、現在の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)のほとんどに採用されている規格であり、セキュリティ方式の種類は主に、WEP、WPA-PSK(TKIP)、WPA2-PSK(AES)、SSID、がある。
WPS自体は、前述のように無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を使用する上での暗号化規格のことであるが、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)だけでなく、街中のWi-Fiアクセスポイントでも同様の規格が採用されている。
暗号化のレベルはいくつかあるが、現在パソコンの無線LANルーター(Wi-Fiルーター)のほとんどに採用されている規格がWEP方式である。セキュリティ上のみからいえばWEP方式はさほど強固な暗号化方式ではない。そのため企業等における重要な情報を持つサーバーに採用することは危険であるが、一般家庭における無線LAN環境では手軽に使用できる暗号化方式でありプリンターやスマホをWi-Fi接続する際にも簡単な操作で接続できる平易な暗号化方式である。
 WEP方式のほかにTKIP方式、AES方式 などがあり、AES方式はセキュリティが最も強固であり近い将来の主流になると考えられる。TKIP方式は中間に位置する方式であり、WPA規格が属しており今後のWi-Fi接続の主流になる存在である。WEP方式は、無線通信データの段階ですでに暗号化されているが、最近インターネット上でWEPキーの暗号化解析ソフトが出回っており、一定期間の通信データを収集されると解読される危険性があるということは知っておきたい。

気を付けるべきポイント

 WPSは、無線LAN(Wi-Fi)通信における暗号化規格であり、セキュリティのために定められたものである。各暗号化方式のメリットとデメリットを十分理解したうえで各自に合った暗号化方式を利用するように心がけたい。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close