用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

IP電話

概要

 IP電話とは、インターネット回線を利用した電話のことである。音声・動画も利用できるのが特徴の電話である。電話番号の始まりは「050」となる。

長所

 固定電話に比べて安価な価格設定が特徴である。通話価格は7.5円~8.5円/3分の料金となっており、同じサービスを利用している者同士の電話であれば無料になる場合がある。スマートフォンやパソコンなどの媒体でも利用でき、固定電話へIP電話番号を割り当てられる。もちろん、既存の電話と受発信も可能である。

短所

 短所は主に3つある。ひとつ目はフリーダイヤルである「0120」「0570」、緊急電話番号「119」「110」へ発信ができない点。ふたつ目は、契約するブロバイダによって必要な機器、設定方法が異なるため、現在使用しているネット回線などの確認を行う必要がある点。3つ目は電話回線ではなく、インターネット回線を利用するため、付近にインターネットを活用する人が多数いる場所での通話は通話品質が著しく劣化する点である。

用途

 固定電話番号とIP電話番号を併用するケースも見られる。普段の通話をIP電話で行うことで通話料金が低減させつつ、一部緊急時などにIP電話では発信できない番号へ固定電話番号が扱えるようになる。企業でも問い合わせ先の番号が「050」から始まるIP電話が活用されている。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close