用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ウイルス

概要

 IT業界におけるウイルス(virus)は、「コンピュータウイルス」を指す。コンピュータのプログラムに対し悪意のあるプログラムを実行させ、その挙動を改変してしまうソフトウェアやプログラムの総称としてしばしば用いられる。

 ウイルスは、コンピュータのデータの改ざんや初期化を自動的に実行し、機密データや個人情報をネットワークによって外部に送信することがある。コンピュータ内部のプログラムを書き換えることで自己増殖し、被害を拡大させる。近年はスマートフォンを攻撃対象とするウイルス被害も数多く報告されている。

 ウイルスが、プログラムに不正なアクセスを実行し、有害な処理を行うことを「感染」と呼ぶ。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close