用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

バリューチェーン

概要

 バリューチェーンとは、ハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・E・ポーターが提唱した概念で、日本語では「価値連鎖」と翻訳される。1985年に発売された作品「競争優位の戦略」の中で紹介されていて、企業の業務活動を価値のある機能ごとに分類する考えである。 分類された各機能を活動と呼び、その活動ごとに役割やコスト、強みや弱みなどを分析することをバリューチェーン分析と呼び、んでいる。業務効率化や営業利益増加などのための経営戦略手法として多くの企業で実践されている。

長所・短所

 バリューチェーンの長所としては、自社の事業を冷静に分析し、他社と比較できる点でにある。他社と比較することによって、より明確に自社の強みと弱みを認識できるので、効率的な戦略を練ることが可能となる。 反面、バリューチェーンの短所としては、自社や他社の分析に相当な時間がかかることが挙げられる。特に他社の分析には、データを揃えるところから始めるので、比較できるまでには数日1日、2日以上かかる場合が多い。

種類

 バリューチェーンの概念では、企業の活動を2種類に分類する。 1ひとつ目の活動は主活動で、商品やサービスがエンドユーザーに届くまでの流れと直接関係してくる活動である。購買物流、企画、製造、販売、マーケティングなどがこれにあたる。 2ふたつ目の活動は支援活動で、主活動を支える活動のことである。人事、財務、経理、労務管理、技術開発などがこれにあたる。

シーン

 バリューチェーン分析は、企業がコスト削減の試算をするをしたい時に多く利用される。事業を各活動に分類し、その活動ごとにかかるコストを明確にすれば、どこを削ることができる可能か把握できる。 さらに、バリューチェーン分析は、ライバル会社との差別化をはかる際にも多く利用されている。自社と他社の各活動を分類して分析することで、自社の強みと弱みをより明確に知ることができるため、他社にはない自社の強みを意識した事業に活かすこと展開が可能となる。

気を付けるべきポイント

 バリューチェーン分析では、よく商品などの販売業で例を出している場合が多いが、各活動の分類の仕方や種類は、事業内容や業界によって様々さまざまであるので注意が必要である。1ひとつの例にとらわれず、流動的な捉え方で活動を分類し、分析することが求められる。

背景

 競争が激化している現代の市場では、単純に安いだけのサービスや商品、質が良いだけのサービスや商品では勝てない状況がにある。 そのため、不要なコストを削減して資金を蓄え、他社にはない自社の強みを最大限引き出すために、バリューチェーンの概念が現代では多く利用実践されている。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close