用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

アップデート

概要

 アップデートとは、コンピュータコンピューター等などの情報機器内のソフトウェアやプログラムを、最新のものにすることを指す。アップデートは主に小規模な更新を意味し、アップデート用のソフトウェアをインストールすることになるが、アップデート用のソフトウェアのする。ソフトウェアやプログラムは、変更された部分に限られるのでデータサイズは小さいものが多い。インターネットにアクセスできる状態の機器の場合、そのためアップデート用のソフトウェアは、多くはインターネットから直接ダウンロードしてする提供される方法が一般的となっている。 類似した言葉にの「アップグレード」があるがは、ソフトウェアに大規模な改良が加えられることを指し、す。小規模な更新を意味するアップデート変更されるは規模においての違いから意味が異なり、区別されている。アップグレードでは、一般的に別の製品として購入して行うすることが多い。

種類

 アップデートの目的には2種類あり、る。機器の機能を改良させることと、不具合を修正し、て脆弱性を解消することものと、機器の機能を改良させるものがある。 たとえば、コンピュータの基本的なソフトウェアであるOSの一つであるWindowsの場合には、「Windows Update」と呼ばれるアップデートが行われるが、。脆弱性をの解消することを目的として実施されるパターンがほとんどである。Windows Updateにはとしたものは、毎月定期的に行われるアップデートと、。しかし重大な脆弱性を緊急で解消するために単発で実施されるアップデートがケースもある。ただし、一度脆弱性を塞いでも、新たな脆弱性が発見されるため、常につねにソフトウェアの更新情報を収集し、極力迅速にアップデートを行う必要がある。 機器の機能改良を目的としたものは、システムに新しい機能を導入するときなどに行われる。

気を付けるべきポイント

 最近その被害が拡大している「ゼロディ攻撃には注意が必要である。近年は「ゼロデイ攻撃」と呼ばれる脅威が増加している。ゼロデイ攻撃とは、ソフトウェアに対する脆弱性が発見されたときに、メーカーがアップデート用のソフトウェアを配布するまでの間に、その脆弱性を利用して行われる攻撃を指すメーカーがセキュリティ上の問題点を発見しその対策を始める前にその問題点を突いた攻撃を行うことを指す。アップデート用のソフトウェアが開発されるまでには時間を要することも多くいため、ゼロデイ攻撃に完全に対応することは困難である。問題点に関する情報がコミュニティーなどを通じて拡散することがあるため被害は拡大しやすい。そのため、指摘された脆弱性の内容を確認し、危険となる行為を行わない等、アップデート用のソフトウェアを適用するまでは注意が必要である。迅速にアップデートを行うことが重要である。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close