用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

トロイの木馬

概要

トロイの木馬とは、パソコンやスマートフォン等の情報機器に対して感染するマルウェア(コンピュータウィルスと似ており感染することで被害をもたらす。ウィルスと違い自らを増殖させて他の機器に感染する機能を持たない。  一見便利なソフトウェアであるように見せかけておきながら、インストールされたパソコンの情報を外部に送信する、入力されたパスワードを盗み取るなどの動作を行うソフトウェアである。

種類

トロイの木馬には、バックドア型、パスワード窃盗型、クリッカー型、ダウンローダ型、プロキシ型の種類がある。 バックドア型は、感染したパソコンに対して外部から不正にアクセスするための侵入経路を作り、勝手に情報が盗まれたりプログラムが実行されたりするタイプのものである。 パスワード窃盗型は、感染したパソコンで利用する各種パスワードを入手し、外部へ送信するタイプのものであり、クリッカー型は、感染したパソコンを特定のウェブサイトへ勝手に接続するタイプのものである。 ダウンローダー型は、感染したパソコンがインターネット上にある指定のプログラムを自動でダウンロードし、パソコン上で実行するタイプのものであり、  プロキシ型は、感染したパソコンを経由してインターネットに接続するための踏み台にするタイプのものである。攻撃者がこの踏み台を用いてインターネットで不正行為を働いた場合、インターネット側から見ると感染したパソコンが攻撃したように見えるため、犯罪行為に加担したように見えてしまう。  上記以外にも、日々新しい種類のトロイの木馬が作り続けられている。

シーン

トロイの木馬は、便利なソフトウェアに偽装していることが多く、インターネットで見つけた無料のソフトウェアがトロイの木馬であった、ということも起こり得る。トロイの木馬とは知らずにインストールしてしまい、気付かないまま外部にパスワード等重要な情報を送信し続ける例も多い。 対策としては、ウィルス対策ソフトを導入し、インストールする前にウィルスチェックを行うことである。ただし、日々新しいトロイの木馬が誕生しているため、ウィルス対策ソフトが対応していない未知のトロイの木馬が存在する可能性もあるため、全てのトロイの木馬を防止することはできない。そのため各種ソフトウェアをインストールする際は信頼性の高いウェブサイトを選定してダウンロードすることが必要である。

歴史

トロイの木馬の語源は、トロイアの住民が、敵兵士の潜んだ木馬を街に入れたことでトロイアが滅亡したというギリシャ神話に基づいている。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close