用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

SEO

概要

 SEO(Search Engine Optimization)とは、特定の検索サイトの検索結果ページでWebサイトがより上位に表示されるようにするための工夫や技術を指す。 検索サイトで検索した際の表示順位は、それぞれの検索サイトが独自の方式で決定している。上位に表示されるWebサイトは利用者の目につきやすく、訪問者も増える。そこで自社サイトへの訪問者を増やしたい場合、SEOを行うことになる。検索サイトの数は多岐に渡るが、日本では主流となっているGoogleを対象とするケースがほとんどである。

種類

 SEOには、サイト内部の構成や設定を見直す「内部SEO」と、外部サイトからのリンクを増やす「外部SEO」がある。内部SEOでは、Webサイトが検索エンジンに適切に読みとられるようにWebサイトの内部構造を最適化させたり、Webサイトの内容を充実させるといったの対策がある。 内部SEOを行う際には、アクセス解析と呼ばれる、サイト訪問者の数、サイト内のどのページへのアクセスが多かったのか、どのような単語で検索されたのかといった情報を確認する方法が使われる。アクセス解析の結果をもとに、どのようなSEOが必要なのかを判断するための材料とするからである。 外部SEOは、Webサイトへの被リンクを増やすために行う施策である。これは被リンクが多いほど優良なWebサイトであるという判断を検索サイトが行うと言われているが、金銭のやり取りで被リンクを獲得するなど不正な行為を行うとペナルティが課され、検索結果ページに表示されなくなるケースもあるので注意したい。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close