用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

リユース

概要

 リユースとは、再利用のことである。たとえば牛乳瓶などを、洗浄・消毒して再利用、シャンプーの中身を詰め替えることで容器を再利用したりすること、ゴミを減らし地球環境へ貢献することが可能となる。

種類

 リユースは3R(スリーアール)のひとつとして考えられている。3Rとは、「リデュース(reduce)」「リユース(reuse)」「リサイクル(recycle)」の3つの頭文字であるRを取って付けられた名前であり、限られた地球の資源を無駄なく利用するため、ものを循環させて利用する循環型社会の実現に向けた取り組みである。

 リデュースとは、直訳すると「減らすこと」となり、この場合はゴミを減らすことを意味している。ゴミを出さないというわけではなく、ゴミとなる可能性の高い物を貰ったりしないということである。たとえばレジ袋はゴミとなる可能性が高いため、エコバッグを持参するという取り組みもリデュースとなる。

 リサイクルとは、ゴミを分類、分解、溶解などを経て再度別のものの資源として利用することである。

 リユースは、その形を維持したまま洗浄や消毒などを実施したあと使い回すのに対し、リサイクルは一度原材料へと戻すことが特徴である。

シーン

 リユースがビジネスで活用される例としては、近年流行しているフリマアプリなどが代表例としてあげられる。

 フリマアプリとは、不要なものを個人で値段をつけて出品し、それを購入したい人がその人に対してお金を払う、いわゆるフリーマーケットを、スマートフォンなどの端末機器により遠隔で出品・購入できるものである。その際、お金のやり取りはシステム側が管理し販売手数料を取ることでシステム側は利益を得る。

 オークションとの違いは、オークションは値段が上がる可能性もあれば安い値段で落札される可能性もあるが、フリーマーケットの場合は出品者が決めた値段設定により価格が決定しており、さらに購入者による値引き交渉も行われることが多いのが特徴である。

歴史

 日本は資源が比較的少ない島国であったため、物を大事にし、リユースするという文化は以前からあった。古着屋は室町時代から存在していたとされており、その後も物は大切に扱う文化が育っていった。これは日本人を象徴する「もったいない」文化が現れている部分でもある。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ