用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

プレゼンテーション

概要

 プレゼンテーションとは、相手に情報を伝える手段の1種で、聴衆に情報を提示し、それに対しての理解や納得を得るための方法である。街頭でビラをまくことや、不特定多数に向けた演説、芸術作品の展示なども、プレゼンテーションの1種とされている。プレゼンテーションの省略語としてプレゼンという言葉が多く使用される。さらに、プレゼンテーションを行う司会者、解説者のことをプレゼンターと呼称する。

場面

 作品や計画の提案、研究結果、開発商品などの情報を相手に伝える場合、その内容を説明するためにプレゼンテーションを行う。この場合、会場やホールを用意して顧客を集め、プレゼンターが壇上で伝える情報を提示し、顧客に訴求していく場面が考えられる。それ以外に、政府機関での予算委員会や軍隊の作戦ブリーフィング、論文の発表なども、プレゼンテーションの1種である。

シーン

 新商品や研究結果の発表は、会議室や大会場を借りて顧客を集め、デジタルデータで作成した動画や音声を使用する方式が一般的である。プレゼンターがヘッドセットを装着し、タブレット端末で情報を確認しながらプレゼンテーションを行うスタイルが、現在の標準となっている。この場合、進行表に従って、動画などの映像をあらかじめパソコンで作成しておき、それをプロジェクターで投影しながら、相手に情報を分かりやすく伝える方式が、訴求力の高い方法として、一般的に用いられている。

気を付けるべきポイント

 プレゼンテーションは、相手に与えたい情報を簡潔に分かりやすく、正確に伝えることが肝要である。そのため提示できる資料の準備や発表の手順など、下準備をしっかりと整えておくことが重要である。図表や音声、映像のほかに、実際に触れられる試作品など、さまざまな情報提供手段を準備するのが好ましい。

歴史

 かつては、聴衆へ情報を伝える手段は、肉声やポスターなどの図表のみであったが、マイクやスピーカー、テレビが開発されると、それらを用いて、実際に目の前にいない聴衆に対しても、プレゼンテーションが行えるようになった。1990年代以降、コンピューター技術の発達によって、提供できる資料も、デジタルデータで作成、編集できるようになり、それらを作成するためのプレゼンテーション用ソフトウェアが、多く発売されるようになった。現在は、それらを利用して大画面テレビやプロジェクターによるスライドショーで、効率よくプレゼンテーションが行うことができるようになっている。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close