用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

POSレジ

概要

 POSレジとは、商品・サービスの販売に関する各種データが管理できるレジのことである。

 POSレジを使うことで、各地の小売店が販売データをネットワーク経由で本社へ送信し、本社は複数の小売店から寄せられた販売データを分析することで販売戦略をたてる、といった利用法が考えられる。POSレジが管理するデータとしては、購入時間、購入商品、個数、値段だけでなく、購入者の年齢、性別など、さまざまなデータが存在する。

種類

 POSレジの種類としては、一般的なレジの形をした専用型のものと、タブレット端末を使ったタブレット型に大別できる。専用型は機能が充実している半面、導入コストがタブレット型よりかかる。タブレット型は安価に導入できるが専用型ほど機能は充実しておらず、機能追加には別途費用が必要となる。しかしタブレット型は、飲食店向けなど特定業種向けに機能を充実させたタイプも登場している。

歴史

 POSレジはアメリカにて1970年代から誕生しており、1980年代に日本でも導入されはじめた。また1990年後半にWindowsをベースにしたPOSレジが登場したことで、POSレジの開発へ参入するソフトウェア開発企業が多くなった。2000年代に入りネットワークの高速化・低価格化が進むことで、POSレジを導入する店が増えた。さらに2010年代にはタブレット型のPOSレジが登場し、導入ハードルがより下がったため導入店舗が増加している。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close