用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

パターンファイル/ウイルス定義ファイル

概要

 パターンファイルとは、既知のコンピュータ・ウイルスの特徴を記録したファイルを指す。ウイルス対策ソフトが、コンピュータ内のファイルと、パターンファイル内に記録された情報が合致する場合、コンピュータ・ウイルスとして検出するコンピュータ・ウイルスを検出するために使用するものである。ウイルス対策ソフトは、コンピュータ内のファイルとパターンファイル内に記録された情報が合致する場合、ウイルスとして検出する。主要なウイルス対策ソフトの開発会社は、24時間365日体制で世界中のウイルスを監視しており、新しいウイルスが発見されると、パターンファイルにウイルスの情報を追加する。利用者はこの「ウイルス定義ファイル」を常につねに最新版に更新することで、新種のウイルスの侵入を防ぐことができる。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close