用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

オンラインストレージ

概要

 オンラインストレージとは、インターネットを通じてユーザーのデータを保管するディスクスペースを提供するサービスである。

種類

 オンラインストレージにはサービス利用料が有料のものと無料のものがある。無料の場合、広告表示・速度制限・容量制限などが課される事が多い。「クラウドストレージ」「ストレージサービス」「ファイルホスティングサービス」という名称も用いられている。

シーン

 オンラインストレージは多数の機器からアクセス可能であるため、職場・自宅・外出先でもファイルの確認や編集ができる。

長所

 自社でストレージを保有する場合と比較すると、定期メンテナンスの必要性・物理的破損のリスク・容量の増減の手間といったコストが減らせる点、自動バックアップ機能を備えたオンラインストレージの場合、データの消失にも備えることができる点が挙げられる。

短所

 インターネットを経由してデータを操作する為、インターネットに接続できる環境が必要な点、データ呼び出しに時間がかかる点がデメリットとして挙げられる。また、サービス利用時にはIDとパスワードが必要となるため、複数人で利用する場合はアカウントの管理の必要も生じる。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close