用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

LMS/ラーニングマネジメントシステム

概要

 LMS/ラーニングマネジメントシステムとは、eラーニングと呼ばれるインターネットを介した教育形態において、受講者の受講履歴や習熟度、学習レベルなどを統合的に管理するための仕組みのことである。LMSは「Learning Management System」の略称である。

背景

 eラーニングは、インターネットを介し、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などの情報通信端末上で行われるため、「いつでも」「どこでも」利用可能な点が、最大のメリットといえる。一方で、従来の時間と場所を指定して、複数人に対してまとめて教育を行う形態とは異なり、受講履歴、習熟度、学習レベルなどの受講者管理を、管理者側がどのように行うのかが課題となっていた。

 企業や個人でeラーニングを利用する際、教育を提供する側としては、受講者の学習管理やセキュリティの問題を個別に対応するのは、コストや技術の問題から困難であった。そのため、eラーニングを提供する事業者は、受講者の学習管理を統合的に行える環境を用意し、教育を提供する側、受講する側の双方にとって、安全かつ効率的に利用できるように改善してきた。

シーン

 LMSの導入で、受講者の学習の進捗度の管理になる。さらに、管理者が、受講者の得意分野、苦手を分析できる仕組みも兼ね備えているものがある。これによって受講者への適切な指導、アドバイスが行うことが可能である。多くの社員や学生を抱える企業や学校で、大人数の受講者の状況を一元的に把握できるようになっている。

 さらには、受講者はLMSに専用のアカウントでログインすることで、自身の学習状況、次回予定されている受講対象の授業や試験を視覚的に確認できる。加えて、学習者同士や、講師と受講者のコミュニケーションを行うための掲示板などが、LMSが持つひとつの機能として提供されていることも多い。ライブ授業という形態で、講師と受講者が同じタイミングでLMSにログインし、質問と回答をその場で行うシステムを持つ場合もある。

一覧に戻る

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close