マンガでわかる!会社を守る情報セキュリティ対策術(第2回)

うちの社員は大丈夫!?セキュリティ意識改革大作戦

posted by 坂本 ロクタク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日々目にする情報漏えいのニュース。内部不正、端末の紛失やウイルス感染による過失での事故……。所詮はひとごと、我が社にはそんな重要な情報はない、と思われるかもしれません。しかし、顧客とのやりとりにパソコンやスマートフォンが多用される時代。その中には自社の情報だけでなく、顧客のデータも含まれます。これらが漏えいすれば、会社としても信用問題など大きなダメージ。情報セキュリティの意識を社員に理解してもらいつつ、万一に備える仕組みをどう準備するかが、経営の中で優先度が高まっています。





不正な通信を検知・遮断する機器に加え、社内ネットワークのモニタリング、有事の際に復旧支援する「みまもり」サービス
おまかせサイバーみまもり
◎本サービスはネットワーク上の脅威に対してそのリスクを低減させるための装置です。本サービスを導入することによりその脅威を完全に取り除くことを保証するものではありません。
サービス詳細はこちら
NTT東日本のサイトへリンクします。

法人・事業者さま向け高セキュリティーオンラインストレージサービス
フレッツ・あずけ~るPROプラン
サービス詳細はこちら
NTT東日本のサイトへリンクします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
坂本 ロクタク

坂本 ロクタク

1981年生まれ。京都出身。イラストレーター。大阪で服柄の仕事を中心に活動し、2005年に上京。その後、雑誌のイラストや看板・マンガ・広告等、さまざまな分野で活躍。現在は東京デザイナー学院の講師も務めており、生徒たちに絵の指導をしながら、自身の活動の幅も広げている。作品寄稿に『時代を切り開いた世界の10人 安藤百福レジェンド・ストーリー』(学研プラス)、『家庭でマスター! 中学生のスマホ免許』(誠文堂新光社)などがある。

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

あわせて読みたい

close