2016.5.30 (Mon)

他人には聞けないICTの“いま”(第11回)

デジタルサイネージで“おもてなし”(後編)

posted by 大竹 利実

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

(2018.12.20更新)
 液晶ディスプレイなどの媒体に、広告などのコンテンツを表示する「デジタルサイネージ」は、ポスターや看板などの媒体で表示する場合より、コンテンツを短時間で作成することや、表示内容の差し替えなどを短時間で行うことが可能になります。そのデジタルサイネージを、店舗や事業所で展開する上で注意する点はどのようなことでしょうか。

(前編はこちら

店舗や事業所のプロモーションに活用

 導入コストや運用コストが下がってきたことで、多くの企業が注目しているのがデジタルサイネージです。例えば、店舗や中小規模の事業所でも、デジタルサイネージを活用することで、スピーディな情報発信が可能となります。そのスピーディな特性を活かした利用方法は以下のようなものでしょう。

プロモーションに活用
 手書きのメニューやPOPも味わいがありますが、情報を更新するためには貼り替え、書き替えの手間が発生します。また大判な掲示物であれば頻繁に替えることは現実的ではありません。その点、デジタルサイネージなら、時間帯や曜日を変えて異なる情報を表示して、タイムリーなプロモーションが行えるようになります。

 例えば飲食店であれば、ランチタイムには本日のランチメニューを、ディナータイムにはおすすめの日替わりメニューを表示させることが可能です。それだけでなく、一押し料理をデジタルサイネージに表示させ、注文へとつなげていくといった活用法も考えられます。

 不動産店であれば、店頭や店内にデジタルサイネージを設置して物件情報を表示。新着物件が入る都度、更新を行うなどのスピーディな情報発信を行えます。または、デジタルサイネージでは、必ずしも大型液晶ディスプレイに表示させることはありませんので、タブレット端末などの手に取れるものに表示させ、物件カタログとして活用することも可能です。

 また、ショッピングモールに入居しているテナント店舗であれば、店頭にデジタルサイネージを設置して、行き交う人たちに商品のPRに加えて、タイムセールなどのピンポイントな告知をするというプロモーションもできます。

 そのほか、美容室のようにお客さまに待ち時間が生じるような業種であれば、美容室の待合スペースに、最新のヘアケア用品やヘアスタイルなどの情報を表示させるというプロモーションも考えられるでしょう。

情報発信に活用

 病院やクリニック、薬局などの待合室にデジタルサイネージを設置した場合は、流行などで発症が増えている疾病に関する医療情報などを表示できます。例えば、春には花粉症、夏には熱中症、冬にはインフルエンザなど、季節や時期などで異なる症状に関する情報を表示することができます。

 このように店舗や事業所でデジタルサイネージによる情報発信を行うことは、タイムリー、スピーディという点で新たな顧客サービスになるでしょう。それが新規顧客の獲得につながるプロモーションの一環となるかもしれません。

コンテンツを一元管理して一括配信

 デジタルサイネージに表示させたいコンテンツの作成には、専門的な知識は必要ありません。普段パワーポイントなどのソフトウェアで、スライドショーによるプレゼンテーション資料などを作成しているのであれば、同じ要領でコンテンツを作成することができるでしょう。

 またネットワーク環境と接続しているので、複数拠点に設置したデジタルサイネージのコンテンツデータの一元管理が行えます。例えば人事部から全拠点の従業員に対する告知コンテンツを一括で発信・更新することが可能なので、更新を忘れた拠点があったという状況を防ぐことといった使い方も可能です。

まとめてサポートしてくれるサービスの活用も検討

 ただ、デジタルサイネージの設置や表示に対するハードルが下がったといっても、ICTに詳しいスタッフがいないと、機器の設定や選定、そしてデジタルコンテンツの管理・更新・運用に戸惑うことがあるでしょう。仮に初期設定は行えたとしても、その後の運用に不安が生じます。

 そのような店舗や事業所向けに、機器の初期設定からコンテンツの管理・更新・運用までをまとめて請け負うサービスも用意されています。このようなサービスの導入を検討してみるのがよいでしょう。

 

ギガらくサイネージ
https://business.ntt-east.co.jp/service/signage/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大竹 利実

大竹 利実

20年以上のライター経験を持つITライター。某外資系大手IT企業で専属ライターの経験もあり。横丁、大衆酒場といった場所には目がない。

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ

close