オフィスソフト使いこなし(第13回)

エクセルの便利な機能「ウィンドウ枠の固定」を活用しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

エクセルで表などを作成する場合、一番上の行や一番左の列には、見出し項目が入るケースが多いと思います。縦横に長い表の場合は、シートをスクロールすると見出しが画面外にいってしまい、見出し項目を確認するために、シートを何度も行ったり来たりスクロールしなければならず、不便に感じたことはありませんか?
データの入力・確認などで、見出し項目を常に画面上に表示させておきたい、そんな時に有効な「ウィンドウ枠の固定」機能を紹介します。

見出し項目を画面上に常に表示しておける「ウィンドウ枠の固定」

下の表で赤く囲んだセルに数値を入力するケースがあるとします。 このような縦横に長いエクセルでは、シートをスクロールして、セルを画面の見やすいところまで動かして入力すると思います。
その際、見出しの項目もスクロールしてしまい、入力すべきセルを見失ってしまった経験はありませんか?

このような縦横に長いエクセルに入力するケースでは・・・

スクロールすると見出し項目が画面の外に行ってしまいます。

そんな時に有効な機能が、「ウィンドウ枠の固定」です。

「ウィンドウ枠の固定」の設定方法

1.固定したい行のすぐ下、かつ固定したい列のすぐ右のセルを選択します。(下図では1行目とA列を固定したいので楕円で囲んだ2行B列のセルを選択)

2.「表示」タブ→[ウィンドウ枠の固定]→[ウィンドウ枠の固定]をクリック。

これで1行目とA列が固定されました。
実際にスクロールしてみると、見出しが画面上に残っていることが分かります。

さらに、先頭の行、または先頭の列の、どちらかのみを固定したい場合には、 「表示」タブ→[ウィンドウ枠の固定]→[先頭行の固定]または[先頭列の固定]をクリックするだけでOKです。

ウィンドウの固定を解除する場合には、ウィンドウが固定された状態で、「表示」タブ→[ウィンドウ枠の固定]→[ウィンドウ枠固定の解除]をクリックします。

いかがでしたでしょうか。
これで縦横に長いエクセルの入力もスムーズに行えるようになると思います。
ぜひ、活用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ