2017.5.11 (Thu)

ビジネス英語講座(第45回)

海外のビジネスパートナーを食事に招く際の英語表現

posted by Yoshi

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ビジネスパートナーを食事やお酒の場に招くことで、相手との仲を深めることができます。特に、相手が海外からわざわざ日本に来ているのであれば、相手と良い関係を築くまたとないチャンスとなります。

 今回は、相手を接待する際に使える、スマートな英語表現を紹介します。

相手を食事に誘う際のフレーズ

 まずは、海外から日本に来ているビジネスパートナーを食事に誘う際のフレーズから紹介します。

自分:We would like to invite you to dinner because you came to Japan all the way from United States.
(アメリカからわざわざお越しくださっているので、ぜひ夕食にお誘いしたいのですが)

相手を丁寧に誘うために、「We want to invite」という直接的な表現ではなく、「We would like to invite」という、婉曲的な表現を用いています。後半の「all the way from ~」は、「~からはるばるやって来た」という意味となります。

 上記はフォーマルな誘い方ですが、くだけた表現で誘いたい場合は下記を使います。

自分:How about a drink after work?
(仕事後に飲みに行きませんか?)

相手:It sounds good. Let’s go to drink!
(いいですね。ぜひ飲みに行きましょう)

 夕食に行くことが決まったら、どの料理を食べに行くか聞いてみましょう。

自分:Which would you prefer for a dinner, Japanese or some other kinds of cuisine.
(日本食かほかの料理か、どちらがお好みでしょうか?)

相手:I would like to try Japanese food. So, let’s go to a Japanese restaurant.
(日本食を試してみたいです。日本食レストランに行きましょう)

 「Which would you prefer~」で、相手の好みを尋ねることができます。接待会食では、こちらの都合を押しつけるのではなく、相手の意見を取り入れることが大切です。ちなみに「prefer」は、「(選択肢の中から)好む」という意味となります。

「生魚は大丈夫?」を聞く際のフレーズ

 日本食のレストランに到着したものの、メニューは日本語ばかりで、相手は理解できないようです。その際は、こちらから案内しましょう。

自分:What would you like to drink?
(飲み物は何にしますか?)

相手:I like to drink beer.
(ビールが飲みたいです)

自分:This restaurant has the best sushi around here. I recommend that you order sushi if you can eat raw fish.
(このレストランは、この辺りで一番の寿司を作っています。もし、生の魚を食べることができるようでしたら、寿司をおすすめします)

相手:I think I can eat raw fish. Let’s try sushi.
(生の魚も食べられると思います。寿司を頼みましょう)

 海外には生魚を食べる習慣がない国も多くあります。寿司や刺し身を勧める場合、相手が生の魚(raw fish)を食べられるか確認しましょう。

 食べているものの感想を聞いたり、日本についての感想などを聞いたりする場合は、以下のような言い回しを使います。

自分:What do you think about Japan?
(日本についてどのように思いますか?)

相手:相手:Well, everything is so organized in Japan. I think that’s wonderful.
(ビールが飲みたいです)

自分:What do you think about the taste of sushi?
(お寿司のお味はいかがですか?)

相手:It’s very delicious.
(とても美味しいです)

「お代わり」を英語でどう表現する?

 食事もお酒も進んだ場合は、「お代わりはいかがですか?」と、相手に気遣いを示しましょう。

自分:Would you need refill?
(飲み物のお代わりはいかがですか?)

相手:Yes. I love it.
(ええ、ぜひお願いします)

「refill」は満たす、補充するといった意味の名詞です。飲み物に使うことで「お代わり」という意味になります。

 料理の追加注文は「meal(食事)」という言葉を用います。

自分:Would you like another meal?
(他に何か追加で注文しましょうか?)

相手:Yes. Please.
(ぜひ、お願いします)

「我々が支払います」を伝えるフレーズ

 今回は接待なので、相手の食事代も自分たちが支払います。もし相手に支払いのことを聞かれた場合は、以下のように答えましょう。

自分:It’s our treat.
(我々が支払います)

 日本で楽しい食事の時間を過ごすことができれば、相手もこちらを信頼してくれるはずです。機会があれば、ビジネスパートナーを誘ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

Yoshi

Yoshi

アメリカ留学の経験を活かして、記事を執筆しています。ライター、編集、翻訳業務の経験が10年ほどあり、英語関連の執筆を得意としています。

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ