2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第11回)

株式会社デジタルハーツ 代表取締役社長 河野 亮 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ソフトウェアやコンテンツ開発において発生するバグを見つけ出す作業であるデバッグ。デジタルハーツは日本初のデバッグ専門企業として2001年に誕生し、それからわずか10年で東証1部上場を果たした。(現在は、持株会社体制に移行しているため、株式会社ハーツユナイテッドグループとして東証1部上場)

元フリーターやニートといった人材を積極的に雇用し、アメリカ・マイクロソフト社からも賞賛を受けるというデバッグのプロ集団へと成長した同社の代表取締役社長CEO河野亮氏にお話を伺った。

株式会社デジタルハーツ 代表取締役社長 CEO
河野亮(こうの・りょう)


経歴
平成7年3月  大成高等学校 卒業
平成13年11月  株式会社デジタルハーツ入社
平成23年6月  株式会社デジタルハーツ 取締役就任
平成24年4月  株式会社デジタルハーツ 常務取締役就任
平成25年10月  株式会社デジタルハーツ 代表取締役社長 CEO就任

創業時はアルバイトだった!?デジタルハーツ誕生秘話

――まずは河野さんと創業者であり前社長の宮澤さんとの出会いからお聞かせください

元々、僕や宮澤(創業者・前社長)、そして創業メンバーの多くはそれぞれが個人事業主という名のフリーターのような立場でした。その頃のゲームのデバッグ作業というと作品毎にメーカーがアルバイトを集めてプロジェクトチームを作り、作品が終われば即解散、そしてまた別のプロジェクトがあれば雇われて…の繰り返しで、僕自身デバッグの仕事がない時期は別のアルバイト等をしながら生活をするという日々でした。
そんな感じでメーカーも作品も毎回違うプロジェクトばかりだったんですが、何故か宮澤や創業メンバーたちとは新しいプロジェクトになって顔を合わせる機会が多く、そういった事が重なっていく内に自然と仲良くなっていきましたね。

――そして起業へとつながった。その時の河野さんのポジションはどういったものだったんですか?

僕自身は正式な創業メンバーでは無いんですが、アルバイトという立場で創業時から事業には参加していました。まだまだ僕も若かったので宮澤からの誘いに対して『面白いんだったらいいよ』みたいな感じで軽く答えたのを覚えていますね(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ