2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第9回)

サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

導入実績44,000社以上、国内グループウェア市場でシェアNo.1を誇るソフトウェア開発・販売のサイボウズ株式会社。低価格で簡単・便利に扱えるWebを利用したグループウェア「サイボウズ Office」シリーズを武器に、設立わずか9年で東証一部上場を果たした。
自ら育休を取り、 “イクメン”としても知られる青野慶久社長に、日本の企業の未来について伺った。

サイボウズ株式会社 代表取締役社長
青野慶久(あおの・よしひさ)


経歴
1971年、愛媛県生まれ。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工株式会社に入社、BA・セキュリティシステム事業部営業企画部に在籍。1997年サイボウズ株式会社を愛媛県松山市に設立、取締役副社長に就任。マーケティング担当としてWebグループウェア市場を切り拓く。その後、「サイボウズ デヂエ(旧DBメーカー)」「サイボウズ ガルーン」など、新商品のプロダクトマネージャーとしてビジネスを立ち上げ、事業企画室担当、海外事業担当を務める。2005年4月に代表取締役社長に就任。
社名の由来は、「電脳」を意味する「cyber」と、親しみを込めた「子供」の呼び方「坊主 (bozu)」の造語(「電脳社会の未来を担う者達」という意味も込めている)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ