2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第8回)

株式会社インターネットイニシアティブ 代表取締役会長 鈴木幸一氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

1992年、日本で初めてインターネットの商用化を目的とした会社として設立されたIIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)。そのサービスは官公庁や大手・中堅企業を中心に約8,500社に導入され、ネットワーク技術の分野においての“イニシアティブ”を取り続けている。

今回はそんな同社の創業メンバーであり日本インターネット界の先駆者の一人、鈴木幸一会長に、日本におけるインターネットの変遷とその未来像について伺った

株式会社インターネットイニシアティブ 代表取締役会長
鈴木幸一(すずき・こういち)


経歴
1946年生まれ。早稲田大学文学部卒業後、(社)日本能率協会入社。同協会に於いて、インダストリアル・エンジニアリング(IE)、新規事業開発などを担当。1982年退社。退社後、(株)日本アプライドリサーチ研究所 取締役就任。ベンチャー企業の育成指導、産業、経済の調査・研究、地域開発のコンサルテーション等を行う。1992年12月(株)インターネットイニシアティブ企画を創立、取締役に就任。1994年4月(株)インターネットイニシアティブ(IIJ) 代表取締役社長に就任。以来、日本における商用インターネットサービスの先駆者として、20年にわたり新しい通信インフラ市場を切り拓く。2013年6月、代表取締役会長兼CEOに就任。引き続きIIJグループの事業全体を統括するとともに技術開発分野を主管し、新たな技術基盤やサービス開発の指揮をとる。

1992年、日本にITという言葉は無かった!?

――まずは設立についてお聞かせください。

当時(1992年頃)のインターネットは、一部の技術者を除いて誰も知らないような存在でした。「2000年頃には数千万人の人が利用している」と書いた事業計画書を持って銀行に行っても「今まで聞いた事のないような大ボラだ」とまったく相手にされませんでした。
アメリカでは既に商用化が始まっていましたが、日本では“IT”という言葉すらなく、“ニューメディア”や“マルチメディア”等と呼ばれていました。そんな中で「日本でもインターネットを商用化しよう」と会社設立に向けた動きが生まれて、私の所に話が来たのです。

――それから20年経ち、インターネットはこれだけ社会に普及しました

私自身はインターネットが今のような姿になるだろうと、60年代、70年代の頃からある程度予測していました。電話という音声通信のために作られたインフラが、コンピューターサイエンスによってインターネットのようなものに取って代わられるだろうと。むしろ想像していたより遅いという印象です。特に放送とかマスメディアの仕組み、社会の仕組みについてはもっと影響を受けて変わるだろうと思っていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ