2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第7回)

株式会社フォトクリエイト 代表取締役社長 白砂 晃 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

プロのカメラマンが撮影したアマチュアのスポーツ大会や各種イベントの写真を、インターネット上に掲載し販売するという日本初の事業を展開するフォトクリエイト。そのサービスのひとつである『スナップスナップ』は既に全国1,400の小学校や幼稚園で利用されている。

今やインターネット写真販売実績NO,1の地位を確立し、先日東証マザーズ市場への上場を果たした同社を一から築き上げた白砂晃氏にお話しをうかがった。

株式会社フォトクリエイト  代表取締役社長
白砂 晃 (しらまさ・あきら)


経歴
1974年、広島県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、NTT入社。そこでインターネットの世界を知り、興味を深める。その後、サイバーエージェントに転職。子会社CAモバイルの立ち上げに参画するなど、同社の主軸として業績向上に貢献。2002年、仲間たちと3名でフォトクリエイトを創業。

白砂社長を起業へと駆り立てたもの

――まずは起業のきっかけについてお聞かせ下さい。

きっかけは創業メンバーの一人でもある高校時代の同級生のひとことです。彼が4ヶ月間赴任していたシリコンバレーから帰国して、「新しいビジネスモデルを見つけた」と僕に教えてくれたのが今の当社のビジネスモデル(プロが撮影したイベント等での写真を、参加者にネット上で販売する)だったんです。「これは面白い!」と思いすぐに起業を決意しましたね。

――迷いや不安はなかったんですか?

迷いは無かったです。僕は元々新卒で入社した会社での経験から“インターネットというインフラはこれから絶対に伸びる”という事を確信していました。それに加えて当時“自分たちで撮った写真をネットを通じてプリントする”というコンシューマモデルのサービスはすでに存在していましたが、“プロのカメラマンが撮る”というスタイルに特化したサービスは(日本で)まだ存在していなかったんです。だったら今自分達が起業すれば絶対に成功する、やらない手はないと思いましたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ