2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第6回)

株式会社ラック 代表取締役社長 髙梨 輝彦 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ビジネスのグローバル化が加速度的に進む中、もはや必要不可欠なツールとなったインターネット。あらゆる情報を人や企業が素早く気軽に得られるようになった反面、それを管理する側の責任も大きくなっている。

今回は1995年から20年近くにわたり、そんなITインフラの「安心・安全」を追求し“セキュリティのラック”と呼ばれる地位を確立したラック社の髙梨輝彦社長に、現在のITセキュリティの実情や重要性、その対策などについて伺ってみた。

株式会社ラック 代表取締役社長
髙梨 輝彦(たかなし・てるひこ)


経歴
 1951年神奈川県生まれ。日本工学院卒業後、1973年に日本コンピュータ・サービス・センター(現 情報技術開発)に入社。1986年に旧ラックの創業メンバーの1人として参画、2007年社長に就任。2009年エー・アンド・アイ システム社長に就任。 2012年に吸収合併により誕生したラック社長としてセキュリティ事業とSI事業の連携強化に舵を取る。

日本企業のセキュリティへの関心と取組みについて

――まずはじめに、髙梨さんから見て今の日本企業のセキュリティへの関心や取組みは世界的なレベルで見て高いのでしょうか、低いのでしょうか?

高いと思いますよ。ただウイルス対策ソフトの導入レベルは高いんですが、リスクに対する感覚はまだまだ薄いように感じますね。セキュリティって車の保険みたいなものなんですよ。事故を起こした時にはじめてその価値がわかる。でも日本はまだまだそれに対して『事故を起こさなきゃいいんでしょ?』という考え方の人が多いように感じます。

――危機感が足りないという事でしょうか?

そう。情報というのは会社にとって宝なんですよ。ただ同時にリスクでもある。それがもし誰かに盗まれたりして外部に出てしまったらどうなるか?場合によっては会社の存在自体を脅かすような大変な事態になりかねない。でもまだまだそれに対して他人事のように考えている企業が多いように感じます。今でこそ情報セキュリティ対策の重要性が注目されるようになりましたけど、それまでは大手企業でもそういう傾向が強かったですね。『本当にそこまでする必要あるの?』って声がほとんど。

実際に情報セキュリティって目に見えないものじゃないですか?昔の映画みたいに産業スパイが金庫の鍵をこじ開けて大事な資料が盗まれちゃうと、『ああ、大変な物が盗まれた』と、その重要性に気がつくわけです。でも、コンピューターの中の情報ってそれがわかりづらいんですよ。だからどうしてもITセキュリティに対する投資にどれだけの意味があるの?と、考えてしまう企業が多いんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ