2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第4回)

株式会社いろどり 代表取締役 横石 知二 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

旬の食材の彩りをよりいっそう引き立てる、料理の「つまもの」。
秋には紅葉、春には木の芽など、日本の四季を感じさせる、なくてはならない存在だ。
この「つまもの」を専門に販売するという商売を立ち上げ、軌道に乗せたのは現在、株式会社いろどりの代表取締役を勤める横石知二氏。
当時、農協職員だった彼は、過疎化と高齢化に喘ぐ町のおばあちゃんたちの「やる気」を引き出し、高い収入を得ることができる「つまもの」事業を開始。売上高年間2億6,000万円にものぼる大ヒット産業になるだけでなく、町にIターン、Uターンの若者を増やすなどの、副産物をもたらした。

 FAXやパソコンはもちろん、タブレット端末を使いこなすおばあちゃんの表情は明るい。この秘訣を求めて、多くの人々が視察に訪れ、そして横石氏はあますことなくそのノウハウを来訪者に伝えていく。

 なぜ、「つまもの」を用いた商売を行うに至ったのか?まちのおじいちゃん、おばあちゃんたちをやる気にさせたものはなんなのか?その極意をお伺いした。

株式会社いろどり 代表取締役
横石 知二 (よこいし・ともじ)


経歴
1958年生まれ。徳島県農業大学校を卒業後、営農指導員として上勝町農業協同組合に入職。町の主要農産物であるみかんが冷害にあったことをきっかけとして、1986年より「つまもの」を商品とした彩(いろどり)事業を立ち上げる。1999年、第三セクターである株式会社いろどりの取締役就任、2009年より代表取締役。
HP http://www.irodori.co.jp/

日本初の専門業者「つまもの」販売の株式会社いろどり

――まずは、株式会社いろどりの事業内容について教えてください。

「核となっているのは、料理の横に添えられている四季折々の葉っぱや花などの、いわゆる「つまもの」を専門に収穫、販売する「彩(いろどり)」事業です。私たちがこの事業を始めるまでは、日本に専門の業者はなかったんですよ。板前さんたちが、独自に山へ行って取ってきたり、地方の知り合いに頼んで送ってもらったりしていたんです。
 この事業は、主に高齢者、特におばあちゃんが多いんですが、登録したスタッフが市場の要望に応えて、美しい葉っぱを山に行って収穫し、販売するというシンプルな仕組みです」

――山で葉っぱを取って、それを売る。面白いですね。

「自然豊かで、高齢化が進んでいた上勝町の農家、特におばあちゃんにはうってつけの商売でした。まず、葉っぱは軽い。だから力仕事ではない。そして、市場に持っていけばすぐにお金になる。以前の上勝町の主力産業であった米やみかんは、1年間丁寧に育てて出荷していたため、収入の機会は年に1回しかなかった。いろどり事業では毎日のようにお金が入ってくる。非常に効率がいいんですね」

「この事業を進めるにあたり開発した情報通信システムが、他の地域にも導入されるようになったり、地元である上勝町の観光を案内するようになったり、事業のノウハウをもとに経営のコンサルティングを行うようになったりと、事業分野が拡がっていきました。
現在、株式会社いろどりは社員9名、いろどり事業に協力してくれるスタッフは約200名、平均年齢は70歳くらいです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ