2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第3回)

株式会社ペリエ 社長 和田 浩美 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 外資系教育会社において営業成約率95%、20代の若さで世界No.2の実績を上げ、女性初の支社長となり、その後、独立して華々しいご活躍をされている和田浩美さん。
現在は、その実績を活かし企業や個人向けに、営業・ コミュニケーション・モチベーションUPのための研修・講演を日本にとどまらず海外でも展開されている。大規模な講演では2000人規模の会場も満席にしてしまう程ファンが多く、人を魅了して止まないカリスマ女史。それは熱い眼力(めじから)だけでも充分に理解できる。
  現在、従業員数は4名。「商品は私だけなので充分です」と淡々と公言できるところがとてもスマートである。彼女の自信とパワーは自分をわかっているところから生まれた賜物なのだと頷ける。
  そんな素敵な女性社長和田浩美さんに、商談成立のノウハウや企業が抱える問題点の解決方法をお伺いしてきました。

株式会社ペリエ 社長
和田 浩美(わだ・ひろみ)


経歴
株式会社ペリエ代表取締役、作家。 外資系教育会社を経た後、「世界NO.2セールウーマンの売れる営業に変わる本」で作家デビュー。その作風は大きな反響を呼び30万部のヒットになる。その後、童話、エッセイを含む数多くの著作を発表。計35冊を数える。傍ら、ラジオDJ、さらには、セミナー、講演で国内外からオファーが絶えない講演家でもある。最近では中高生などの若い世代への未来が明るくなる考え方などを伝える活動をしている。

企業の営業担当としての成功を果たしてから独立までの道のり

――外資系教育会社での営業時代、世界No.2の成績を残したとのことですが、どのようにして20代の若さで実現できたのでしょうか?

 運、タイミング、時期などがうまく重なったのもあると思います。
ただ、結果を出すには、練習、努力、創意工夫も必要だと思いますし、基本的に、“人から嫌われたら物は売れない”と思っていました。
元々、営業の仕事はちょっと強引に売らなければいけないというイメージもあり、はじめはお客さんに電話をかけることもなかなか出来ませんでした。自分自身が営業をされたときに口を開けば商品のことばかりという人は苦手だったので、そういう営業マンにはなるべくならないようにしようと思っていたことが結果的に良かったのかもしれません。また「私ならこんな人から買ってみたい」と思える人物像を目指しました。自分が好感を持てる人ってどういうこと普段されているのか?ということに興味を持ち、そういう人を研究しました。そして何より大切なことは 自分が売っている商品や会社のことを心からいいものだと信じていることです。
 「自分が本当にいいものをお勧めしている」と心の底から思うことで相手の心にも 届きます。そのことに気づいてから営業成績もどんどん上がっていきました。

――そのような実績を上げ、その後も女性初の支社長にまでなられたということで華々しいご活躍をされていますが、そこから独立した経緯を教えてください。

 営業として全国でもトップクラスの売上を上げられるようになったのですが、その頃、母体となる外資系教育会社の組織改革が行われ、上司や同僚たちが同業他社に引き抜かれていきました
 私に声をかけてもらいましたし、条件のいいところに行きたいという気持ちもゼロではありませんでした。けれど、今日はAがいいと言っておいて、突然明日はBがいいと言うことに抵抗があり、そのまま会社に残ることに決めました。

 それからは身を粉にして「きっと会社はよくなる」と信じて頑張ったのですが、アメリカ本社のオーナーが変わり、あっけなく「日本撤退」を 命じられました。そして、私も含めそこにいたほぼ全員がリストラ対象になってしまったのです。一瞬マイナスのようなこの出来事も 今になって振り返ればこれは私にとって大きな転機だったのです。また、全てを失いましたが、再生をかけて最後まで頑張った事実は私のなかで 大きな自信になっています。
   新たな会社に入って営業の仕事を探すこともできましたが、知り合いから「うちの営業マンを指導して欲しい」と依頼が来たこともあり「ペリエ」をスタートさせることを決意しました。また偶然友人に勧められた異業種交流会で本の企画に携わっている人に出会い、著作の誕生につながりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


「人材不足」を働き方改革で乗り越える


教育機関向け特集


自治体向け特集

ページトップへ