用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

WPA2-PSK

概要

 WPA2-PSKとは、無線LANにおける暗号化方式の1つである。 無線LANのアクセスポイントと、PCなどの端末それぞれに対して共通の鍵(PSK)を入力・設定しこれを用いて認証する。 WPA2は現在では最も主流の暗号化方式で、最新のスマートフォンや無線LAN対応の通信機器はこの方式に対応している。 なおWPA2-PSK とは、「Wi-Fi Protected Access2 Pre-Shared Key」の略で、直訳すると「事前に共有された鍵を用いてWI-FIのアクセスを保護する事」となる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close