用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ウォーターフォール型

概要

 ウォーターフォール型とは、システム開発のひとつの形態であり、開発上の工程を複数に分け、工程の順序通り開発を行う形態を指す。システム開発の形態としては最も古くから存在し、一般的な形態といえる。具体的には、「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「プログラミング」「テスト」の工程に分けられる。この5つの工程の流れは、始めに発注する側である利用者の要求を確認し、システム全体としてどのような機能を求められるのかを具体化する作業である「要件定義」を行う。次に要件定義で決められた前提を元に、ハードウェアやソフトウェアの選定、セキュリティのレベルなどの「基本設計」が行われる。次に画面のレイアウトや操作の方法など、より利用者が使う場面に近い部分を決める「詳細設計」が行われ、「プログラミング」では具体的なシステムの開発作業が行われる。最後に開発されたシステムの「テスト」が行われ、テストで不具合が発見されれば修正されて、利用者に納品される。このように前の工程に戻らないことを前提としていることから、下流から上流には戻らない水の流れに例えてウォーターフォール(Water Fall)型と呼ばれる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close