用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

バリューチェーン

概要

 バリューチェーンとは、ハーバードビジネススクールの教授であるマイケル・E・ポーターが提唱した概念で、日本語では「価値連鎖」と翻訳される。1985年に発売された作品「競争優位の戦略」の中で紹介されていて、企業の業務活動を価値のある機能ごとに分類する考えである。 分類された各機能を活動と呼び、その活動ごとに役割やコスト、強みや弱みなどを分析することをバリューチェーン分析と呼び、んでいる。業務効率化や営業利益増加などのための経営戦略手法として多くの企業で実践されている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close