用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

USB

概要

 USB(Universal Serial Bus)とは、コンピューターと、マウスやキーボードなどの周辺機器を接続するための規格を指す。

 USBが利用されるようになるまで、コンピューターにはプリンタやマウス、キーボードなどを接続するための端子が個別の規格で設けられていた。周辺機器を接続してもすぐ利用できるわけではなく、利用者が複雑な設定を行う場合もあった。

 USBには「プラグアンドプレイ」という仕組みが採用され、利用者が特別な設定を行ったり、専用のソフトを導入したりしなくても、周辺機器を利用できるようにした。「ホットプラグ」と呼ばれる技術も採用し、周辺機器を接続した際、コンピューターの電源を入れ直す必要なく、周辺機器が認識されるようになった。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close