用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

TKIP

概要

 TKIPとは、無線LANにおける暗号化方式WPS規格の1種であり、WEPの脆弱性に対策を施してセキュリティを強化するとともにWi-Fi利用にも考慮した暗号技術である。WEPで不安のあった暗号解析の可能性は、初期化ベクター(IV:Initialization Vector)を24ビットから48ビットに拡張したことで、従来のWEP解析ソフトを無効化している。また、パケットごとに異なるキー(RC4鍵と呼ばれる)を用いることでさらなる暗号化の強化を施した。  ただし、暗号化の強化に伴い完全に暗号化なし状態での通信速度と比較すると若干の速度低下がみられる。実効速度において約4~5%程度の速度低下であり体感的に意識するほどではない。WPS方式として、TKIPと比較されるものにAESがある。AESの大きな違いは、暗号化処理にハードウェアを利用している点であり、実効速度もTKIPより速度低下が抑えられている。さらに暗号化のアルゴリズムにおいてもRC4ではなくCCMPと呼ばれる方式で、より強固なものとなっている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close