用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

テレビ会議

概要

 テレビ会議とは、企業において会議を行う際に遠隔地の人とテレビ画面を介して会議する仕組みのことで、お互い専用のテレビ機器・カメラ機器を用いて、専用回線できめ細かな画像と音声で遠隔地にいる人とリアルタイムで会話ができる。  遠隔地の人と会議をする際、従来であれば同じ会議室に集まって会議をするしかなかったが、テレビ会議を利用することでテレビ画面を通じあたかも同じ空間にいるように、会議を行える。  タイムラグがなく、相手の顔を見ながら一斉にコミュニケーションできるので、企業にとって、交通費や大きな会議設営が不要となり経費削減につながっている。  一部のテレビ会議では、発言者に向けてカメラが動く仕組みになっており、相手側のテレビ画面に顔が映ることになる。また、相手側のカメラをリモコンで操作できる機種もあり、見たい場面の操作も可能となる。  従来では、2拠点間に接続した会議でのシステムであったが、複数拠点でのテレビ会議が可能なシステムもある。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close