用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ストレスチェック制度

概要

 ストレスチェックとは、従業員が質問票に記入するとことで、自身のストレス状態について調べられる簡単な検査のことを指す。ストレスチェック制度とは、ストレスチェックを義務化する制度のことを指し、2015年12月より厚生労働省によって制定された。この制度の目的は、従業員が自らのストレスの状態を知ることで、ストレスの溜め過ぎを予防することである。必要に応じて医師との面接や、仕事量の削減などを実施することで、鬱病などのメンタルヘルス(精神面における健康)問題を未然に防止することも含まれる。この制度は、従業員50人以上を雇用する企業では実施が義務づけられている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close