用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

スタートアップ

概要

 スタートアップとは、新しいビジネスモデルをもとに、短期間で急成長をすることを目標とした企業や団体のことである。スタートアップにおいては、会社の設立年度や従業員数における基準はないが、全く新しいビジネスを行うため、設立した企業、もしくは少人数の団体であることが多い。

 スタートアップ企業が急成長するためには、多数の投資家からの多額の資金が必要である。そのため、スタートアップ企業が提供するサービスは、これまでの世界で存在しないものであり、そのサービスを利用することで人々の生活スタイルを劇的に変化させ、革新(イノベーション)を起こすようなサービスを始める必要がある。

 スタートアップ企業に勤めるメリットは、自らの責任で行える仕事が多い点や、少人数かつ短期間で利益創出を目指すため意思決定が早い点などがある。逆にデメリットとしては、会社の組織体制が未熟なため、福利厚生が手薄な点や、会社が安定していないため倒産する可能性が高い点などがある。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close