用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

SSL通信

概要

 SSL通信とは、インターネット上でやりとりされるデータを暗号化するために、SSLと呼ばれる通信技術、手順を用いて行われる通信を指す。

 インターネット上の通信は、暗号化されていない限りは、基本的にそのままの内容で行われるため、悪意のある第三者により、データが盗聴されたり、改ざんされたりする可能性がある。SSLによる暗号化通信を用いることで、安全にデータのやり取りが行えるとされる。

 SSLは「Secure Socket Layer」の略称である。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close