用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

スパイラル型

概要

 スパイラル型とは、システム開発のひとつの形態であり、システム全体を幾つかのパートに分けて、パート単位で開発を進める開発形態を指す。スパイラル型では分割したパートごとに、要件定義、設計、プログラミング、テストのサイクルを繰り返しながら開発を進める。これに対して、従来のウォーターフォール型では、最初の段階で、システム全体の重要な用件を決めてから、開発に入る開発形態である。小さなパートでテストを行っていたときに、修正が発生したとしても、全体に影響するような大幅な修正に発展させないようにする留意が必要である。スパイラル(Spiral)とは、「螺旋」「繰り返し」を意味する英単語である。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close