用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ソーシャルエンジニアリング

概要

 ソーシャルエンジニアリングとは、特殊な知識や技術を使わず、覗き見や盗み聞きといった手段で、パスワードなど重要な情報を入手する手段を指す。

 情報機器やネットワークなどへ、いかに堅牢なセキュリティ対策を費やしたとしても、最終的に情報を取り扱うのは人間であるため、ソーシャルエンジニアリングでは人間の隙や不注意を突いて攻撃を行う。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close