用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

スマートアグリ

概要

 スマートアグリとは、情報通信の技術を活用した農業のことである。ビニールハウス内の栽培においては温度管理や水やりの管理、畑などにおいては害虫や害獣の駆除など、これまで人の手で実施していたものを自動で実施し、生産効率や品質の向上を図るものである。

 スマートアグリを取り入れることにより、人件費の削減とともに収穫物の増加に繋がることがメリットとして挙げられるが、初期コストが多くかかり、さらに運用していく上でも通常は発生しないランニングコストがかかることがデメリットである。

 スマートアグリは、スマートアグリカルチャー(smart agriculture)の略であり、直訳すると「利口な農業」となるが、スマートフォンなどに代表されるスマートの意味から、情報通信の技術を取り入れた農業という意味で用いられる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close