用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

時短勤務

概要

 時短勤務は、正式には所定労働時間の短縮措置(短時間勤務制度)と呼ばれる。本来、定められている勤務時間よりも、短縮した時間(原則1日6時間)で働くことができる「改正育児・介護休業法」に定められた制度である。子供が幼いため長時間預けることが困難である場合や、出産前と同様にフルタイム勤務が難しいなどの場合に利用できる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close