用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

個人情報保護法

概要

 情報化の急速な発展に伴って個人の権利利益の侵害の危険性が高まったことを受け制定された法律である。  この法律では個人情報取り扱い業者に大きく分けて「1.利用目的の特定・公表」「2.適正管理、利用、第三者への提供」「3.本人の権利と関与」 「4.本人の権利への対応」 「5.苦情の処理」といった5つの義務を課している。生年月日や住所のような明確に個人情報といえるような情報だけではなくいわゆるビッグデータとよばれる個人の行動履歴のような情報に関しても法改正を行いながら個人情報保護法の取り締まりの対象になっている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close