用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

安否確認サービス

概要

 安否確認サービスとは、地震などの大規模災害が発生した際に、社員など組織内の人員の状況を迅速に把握するために利用するサービスのことである。安否確認サービスの利用方法としては、たとえば、事前に組織内のメンバーの連絡先を登録しておき、実際に大規模災害が発生した際には自動または手動により、連絡先に対してシステムから一斉に連絡が行われる。連絡がきたメンバーは、システムに対して安否状況を登録する。システムに登録された安否データを組織にて確認することで、その後の対策や対処の迅速化を図ることが可能となる。安否確認サービスのデメリットとしては、滅多に発動しないシステムであるため、組織のメンバーがデータ登録方法を忘れている場合がある点がある。さらに大規模災害の際は通信が途絶していることも多いため、実際に被災している人からのデータ登録がされない場合もある点があり、先述の場合の差異が、組織側からは判別がつきにくい点が挙げられる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close