用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ランサムウェア

概要

 ランサムウェアとは、マルウェアの1種で、感染したパソコンや、同一のネットワーク上にあるパソコンやサーバーなどにあるデータを暗号化やさまざまな方法で操作不能とし、復元と引き換えに金銭を要求するものである。 従来のマルウェアは、感染した場合、パソコンなどの情報通信機器内の情報を不正に引き出し、犯罪集団に情報を売ることで金銭を得ることを目的としていたが、ランサムウェアの場合は、被害者に対して直接要求を行う点が特徴である。 またパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末を標的としたランサムウェアも存在する。ランサムウェアは「Ransom」(身代金)と「Software」(ソフトウェア)をかけ合わせた造語である。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close