用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ポジティブシンキング/ネガティブシンキング

概要

 ポジティブシンキングとは、物事を前向きに捉える思考のことであり、プラス思考とも呼ばれる。 ネガティブシンキングとは、物事を後ろ向きに捉える思考のことであり、マイナス思考とも呼ばれる。 ポジティブシンキングのメリットは、自らが明るくなることで周りの人も明るくすることができる点、多少の失敗であっても、その経験を次に活かせると思考するため行動に萎縮がない点などがある。 ポジティブシンキングのデメリットは、楽観的になり過ぎることにより、失敗したときの反省が足りないことで、失敗の原因を救命できずに、似た失敗を繰り返してしまう可能性がある。 ネガティブシンキングにもメリットはあり、懐疑的な目で物事を見るため、ミスを事前に指摘する作業などに向いている。思考パターンは最悪の結果を前提とするため、ミスに対して敏感なセンサーが備わるようになる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close