用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

アウトライン

概要

アウトラインとは、ものごとの輪郭を表す言葉であり、ビジネスにおいては仕事の概要、目次や章立て、見出しを意味する。
アウトラインを策定することは、仕事の輪郭や概要という要点への理解を深めることで、同時に「やるべきこと」の明確化や、スケジュール立案などの作業がスムーズに行えるというメリットがある。
どこから手をつけて良いかわからないような複雑な案件においても、アウトラインを策定することで手をつけやすい部分とそうでない部分がはっきりし、仕事に取り掛かりやすくなる。
うわべをなぞるようなアウトラインしか把握していないと、仕事の根幹部分や細部の重要事項を取りこぼす懸念がある。アウトラインを定めた後に、根幹部から細部までの理解を深めることも重要な作業である。
アウトラインの類語としてアジェンダ(計画、スケジュール)がある。アジェンダは検討課題、行動計画という意味でビジネス・シーンに用いられている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close