用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

OFF-JT/Off the Job Training

概要

 OFF-JT(Off the Job Training)とは、職場での業務や、職場で必要となる知識やスキルを座学にて教えることである。座学とは、教室で授業を受ける形式で、先生と生徒に分かれて実施される研修、講義を表す。

 OFF-JTのメリットとしては、その仕事を行う上で必要となる専門的な知識の習得ができる点、職場の上司など、教える側が少数でも、多数の生徒に対応ができる点などが挙げられる。デメリットとしては、座学と実務のギャップがある場合、職場に戻った際に教わった内容を活かしにくい点、専門の講師を外部に委託する場合は費用が発生する点などが挙げられる。

 OFF-JTの対義語は、職場にて実務を行いながら社員を育成するOJT(On the Job Training)である。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close