用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

マルチタスク

概要

 マルチタスクとは、複数の仕事を同時にこなすことである。

 マルチタスクは従来、仕事を効率良くこなすための手法と考えられていた。タスクは仕事や課題という英語である。しかし近年では仕事におけるマルチタスクがもたらす効果はそれほど高くないといわれている。そればかりか単体の仕事を順に実施していくシングルタスクよりも生産性は低くなり、脳に悪影響を及ぼす可能性があるという研究成果も出ている。

 これは、人間がマルチタスクを行う際に、タスクごとに脳を切り替えるため、忘れている場合に、思い出すなどの不要な時間が逆にかかってしまうため生産性が下がるからである。その上、終わっていないタスクが気になってしまうことがストレスとなり、それにより免疫力低下や無気力感を引き起こし、結果として脳に影響を与えるとされている。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close