用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

メタボ健診

概要

 メタボ健診とは、特定健康診査もしくは特定健診が正式名称で、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)に該当する人を抽出する健康診査のことである。

 メタボ健診によりメタボリックシンドローム、もしくはその予備群であると診断された人に、医師や保健師などによる保健指導を受けさせることで、糖尿病を始めとしたさまざまな生活習慣病の予防を行うことが目的である。メタボ健診は40歳から74歳の人は受けることが義務づけられている。

 メタボ健診のメリットは、受診が義務化されているため定期的な受診が可能であり、問題があれば保健指導を受けて早期改善が可能な点である。メタボ健診のデメリットは、義務化されているにも関わらず健診代は有料となっている点があるが、市町村によっては無料としている場合もある。

 メタボリック(metabolic)とは「代謝」を意味する英語である。メタボリックシンドロームは日本語で代謝症候群と表記される。

一覧に戻る

この用語に関連した記事を読む

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close