用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

育児休業給付金

概要

 育児休業給付金とは、一般被保険者が1歳または1歳2カ月未満の子を養育するために育児休業を取得した場合、当該期間に支給される給付金のことである。企業に雇用されている場合は雇用保険から支給され、公務員の場合は共済制度から支給される。
基本的に育児休暇の取得期間は育児が1歳になるまでだが、夫婦がともに育児休暇を取得する場合、育児が1歳2か月になるまで、それぞれ1年間の育児休暇を取得できる。

育児休業給付金が支給される条件は、休業期間中に通常賃金の80%以上の賃金が支払われていないこと、期間中の1ヶ月あたりの就業日数が10日以下であること、休業開始前の2年間に、12カ月以上就業していることが挙げられる。
支給額は、1カ月あたり、原則として休業開始時賃金日額に支給日数を乗算した金額の67%相当額である。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close