用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

労働保険

概要

 労働保険とは、社会保険を構成する労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険を合わせた総称である。労働者災害補償保険は、業務上のケガや病気、傷害、死亡などに対して雇用主に変わって、日本政府が各種の保険給付(療養補償、休業補償、障害補償、遺族補償)を行う。通勤中に負ったケガなどについても、通勤災害というかたちで保険給付があるのは日本独自のシステム。

 雇用保険は、労働者が失業した場合に失業給付を行い、生活の安定を図る社会保険のことである。事業主は従業員(パート・アルバイト含む)をひとりでも雇っていれば、労働保険に加入し。保険料を納付する必要がある。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close