用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

ISP

概要

 ISPとは、企業や個人がインターネットを利用するために、必要なサービスを提供する事業者を指す。インターネットは、さまざまなISPが相互に接続することで、世界中のネットワークを接続し、お互いの通信を可能としている。

 インターネットを利用する際は、回線事業者と契約し、会社や個人宅にインターネット用の通信回線を敷設するが、それだけではインターネットは利用できない。ISP同士が接続するポイントを「インターネット・エクスチェンジ」と呼ぶが、ISPと契約することで、インターネット・エクスチェンジを経由し、通信が可能となる。ISPとは「Internet Service Provider」の略称であり、呼称は「プロバイダー」と略されることが多い。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close