用語解説 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

労働安全衛生法

概要

 労働安全衛生法とは、人間が通常の職業生活を営むための基本となる日本における法律である。労働安全衛生法では、労働災害を防止するための危害防止基準の確立、事業場の責任体制の明確化といった労働者の最低限の安全性確保や、働きやすく快適な労働環境の整備を目的としている。

 事業者は、労働安全衛生法で定められるルールに則って、労働者を使用しなければならない。それに伴い、現場の責任者は安全管理者、衛生管理者の設置や資格取得、従業員への技術講習の実施といった対策を計画し、実行していくことが求められる。

一覧に戻る

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

この用語に関連した記事を読む

close